+NB+

あいにくと Nice bodyでも Nature beautyでもございませんが…

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

Pineapple Delight 三日月パート 

 

パイナップル、編みあがりました。
チャートBをはめ込みながら編む三日月形のupper part
他の三日月形ショールの説明でなんとなく解ったつもりでしたが
このショールの場合はいったい何処に糸を付けるのか
一段めは何目なのかも書いてません。
見付けられなかっただけかも知れませんが私には解りませんでした。

その上、図ではcast-on edge(0)とchart A の位置は同じなのに
0の上に描かれたchart B は半模様ずれるのに 図では違うところに中心が来るみたいで
出来上がりの写真が無かったら、もっと悩んでいたと思う。
↑この3行は自分、もしくはチャート見ながら編んだ人にしか意味不明ですね


ということで解ったつもりの三日月形パートは
「まあいいや」とか「こんな感じ?」の適当&いいかげん&諦め、で編みました。
はっきり言うと間違っていると思います。
でもそんなのでも融通が効いちゃうのがニットのいいところです^^


未ブロッキングなのでぼわっとしたままですが、センター辺りのパイナップル
棒編みパイナポー

端っこ。
棒編みぱいなぽー
この山が19個(8×19)+2=154 とupperの分で
単純計算でもピンが160本くらい?もっと要るか^^;

色は下段の方が近いです。
以前編んだレディッシュグレーがトイプードル色だとしたら
こっちは猫のロシアンブルー色かな(あくまでもイメージです)


   
 Pineapple Delight Ананасовое удовольствие
 by Larisa Valeeva
  糸: ZAKKAストアーズ アルパカ☆マーチ 10番
  針: 6号
     かぎ針 5/0号
   memo
     lower part (チャートA) 引き抜き編み+チェーン
     upper part (チャートB) 細編み+チェーン     編みあがり 9月 19日


     ↑縁の仕上げの二目一度+チェーン、気分で細編みにしただけ。
スポンサーサイト

category: Pineapple Delight

tb: --   cm: --

△top

リベンジ Pineapple Delight 

 

アエオリアンが思っていたよりも結構早く編み終ったので
この勢いで何か外国語パターンのショールをもう1枚編みたいと思い
いくつか候補を絞り見ていたのですが
とあるパターンで三日月の部分がなんとなく理解できたので
なんとなく理解できたは日本語として間違ってるかもしれないけど、そうなの!)
以前編んだ時に三日月パートで挫折したパイナップルショールに再挑戦しています。


以前挑んだ時と同じアルパカマーチで、今度は色違いです。
DSCN5609.jpg
もうちょっと濃い色です。白とびしてます。
まったく模様が解りませんが色味だけ^^

   
 Pineapple Delight Ананасовое удовольствие
 by Larisa Valeeva
  糸: ZAKKAストアーズ アルパカ☆マーチ 10番
  針: 6号
     かぎ針 5/0号
   memo チャートA 編みあがり 9月 17日



category: Pineapple Delight

tb: --   cm: --

△top

Aeorian Shawl 編み上がりました 

 

一昨日編みあがったので、編んでた期間は約1週間。
他に何もして無い人なので特に早いわけでもないですが
私が編めるくらいですから多分本当に簡単です。



編みあがってますがブロッキングがまだです。
ふわふわ Aeorian-UTAGE

以前編んだときは記号の横の文字記号(?)の横に自作絵を添えていました
記号の図解w
が、なんと!今回は!書いてあるのをそのまま見て!
sssk(右上三目一度)なんかも
スキップスキップスキップトゥギャザーなんて頭の中で言って編んでました。
「すごいや、以前一回編んだパターンならもう英語で編めるのね私?」とか
まあ、途中でスップじゃなくてスップじゃんと自らつっこみが入りましたが…。
同じ右上三目一度でもsk2pとssskの違いが頭に入っただけでも
英語は崖っぷちを綱渡りで切り抜けてきた私的にはえらい進歩なわけです。


Aeorian Shawl ですが
レースヤーンで US 5/3.75mmの針で編んでも 糸長が 457m 要るのに
US 4/3.5mmの針で編むのだって395m 要るので(解釈が間違ってたかもしれないけど)
中細であるUTAGE-5を、日本の10号(5.1mm)で編んだら絶対に足りないと思ってたのに
こんだけ残りました。
UTAGE コーンなに余ってます

途中で11号でもいけたかも…とも思いましたが、11号だったらやっぱり足りなかったかな。
ちょうどコーンが乗っているメリヤス編みが大半を占めるチャートで
他よりも少しきっちり目に編んでしまったので他みたいにダラダラに編めば良かった。


少し広げて置いてみました。
Aeorianぽいかな?
初めの方のNuppが超絶下手っぴです。まあ終わりの方も下手だけど。

これは編むのは簡単でもブロッキングが難しいみたいなので
仕上げ完了までまだまだかかりそうです。

UTAGEってシルクでローピングヤーンのように撚りがあまり掛かってなくて
水で濡らして―引っ張って―アイロン。というブロッキングは無理?
乾いたまま形を整えつつ引っ張って針打ってスチーム?
Nuppもあって掛けにくそうだ…てかスチームはOKなんだろうか。


 
 Knitty, Spring 2009
 Aeolian Shawl by Elizabeth Freeman
  糸:Silk HASEGAWA UTAGE-5 約100g
  針:10号 / 15号
 memo 表を見ての裏目のElastec Bind off(15号) 8月 31日



Aeorianはきっとまた編みます。
極細で、端のほうにはビーズも入れて編みたいです

category: 小物

tb: --   cm: --

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。